たんす屋ニュース

Just another WordPress.com site

秋店の作りかた

コメントする

まずは笹塚店の夏店をご覧下さい。朝顔、縁台、金魚風船、水遊び道具などがディスプレイ小物になっていますね。
笹塚夏店-001

同じようなアングルから秋店になった笹塚を見てみましょう。
Exif_JPEG_PICTURE

一番目立つ場所には、遠目で一番目立つ商品を(この場合は振袖)をボディに着せて立たせます。
Exif_JPEG_PICTURE

振袖の後ろには紅葉や栗の増加と「誕生祭」の縦ビラ(9月1日から使用)を飾って秋を強調します。
Exif_JPEG_PICTURE

店の中央には帯を集中的にディスプレイしました。
残暑が厳しくても売れるのは帯ですから(9月1日の誕生祭開催からは3万円均一の袋帯と八寸が投入されます)
Exif_JPEG_PICTURE

ここにも背景に紅葉や栗の造花をあしらっています。
また、誕生祭では「プレミアムゆき印小紋」が投入されます。
Exif_JPEG_PICTURE

またKDSもボディに着せて「秋の入門の袷のきもの」としてアピールしておきます。(ここでは藍染の縮緬小紋)
Exif_JPEG_PICTURE

その向かいの棚にはイチオシ・アイテムのKDSをボリュームたっぷりに訴求します。帯ときもので1万円なら、今まで売ってきた浴衣のセットと大差がありませんからね。
Exif_JPEG_PICTURE

毎日ボディを着せ替えることができなくても、コーディネイトは変えていきます。
Exif_JPEG_PICTURE

羽織は秋の雰囲気を訴求するマストアイテムです。これを変えるだけで雰囲気はガラリと変わります。
Exif_JPEG_PICTURE

路面店のDMを選んだ店舗の誕生祭では5,250円や3,150円の小紋、紬、名古屋帯などが
9月1日~10日は30%OFF
9月11日~24日は50%OFF
9月25日~30日は更にお得な売切り価格に段々OFFになります。
Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

秋店の作りかたと誕生祭の話が入り混じってしまいましたが、ご容赦ください。 ぜひ、お店に合わせて一部にゆかたや夏物を残したとしても、ガラリと店頭を変えてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中