たんす屋ニュース

Just another WordPress.com site


コメントする

着物MOOK本・キモノスタイルに原宿店が

見開き2ページで紹介されました。
20130801_402080

グラフィス社から発行された1200円のこの本は、キモノ姫と七緒の中間的な路線になっています。
紹介されている店舗は3社、Tokyo135°とくるりとkosode小袖だけです。
Tokyo135°の紹介文はこんな風です。
image0-002
image0-003

まずはKDSを紹介してもらって、価格もバッチリ10,500円と載せてもらいました。
image0

そしておさえの商品はふりそでとメンズきもの
image0-001

次のページでは店内の雰囲気を伝えて…
image0

ゆかたとKDSを対比させて、ゆかたと同じくらいの価格で買えますよ!
image0-004

さらには2階にお店があるハンデを克服するために、歩いている人に目印になる階段下ディスプレイを紹介。ココの2階がTokyo135°ですヨ。
image0-002

そして、原宿店らしさを4人の小物個人作家さんの商品紹介で訴求。
image0-003

最後にこの最終兵器(リーサルウェポン)がご挨拶。
image0-001

広告


コメントする

秋店の作りかた

まずは笹塚店の夏店をご覧下さい。朝顔、縁台、金魚風船、水遊び道具などがディスプレイ小物になっていますね。
笹塚夏店-001

同じようなアングルから秋店になった笹塚を見てみましょう。
Exif_JPEG_PICTURE

一番目立つ場所には、遠目で一番目立つ商品を(この場合は振袖)をボディに着せて立たせます。
Exif_JPEG_PICTURE

振袖の後ろには紅葉や栗の増加と「誕生祭」の縦ビラ(9月1日から使用)を飾って秋を強調します。
Exif_JPEG_PICTURE

店の中央には帯を集中的にディスプレイしました。
残暑が厳しくても売れるのは帯ですから(9月1日の誕生祭開催からは3万円均一の袋帯と八寸が投入されます)
Exif_JPEG_PICTURE

ここにも背景に紅葉や栗の造花をあしらっています。
また、誕生祭では「プレミアムゆき印小紋」が投入されます。
Exif_JPEG_PICTURE

またKDSもボディに着せて「秋の入門の袷のきもの」としてアピールしておきます。(ここでは藍染の縮緬小紋)
Exif_JPEG_PICTURE

その向かいの棚にはイチオシ・アイテムのKDSをボリュームたっぷりに訴求します。帯ときもので1万円なら、今まで売ってきた浴衣のセットと大差がありませんからね。
Exif_JPEG_PICTURE

毎日ボディを着せ替えることができなくても、コーディネイトは変えていきます。
Exif_JPEG_PICTURE

羽織は秋の雰囲気を訴求するマストアイテムです。これを変えるだけで雰囲気はガラリと変わります。
Exif_JPEG_PICTURE

路面店のDMを選んだ店舗の誕生祭では5,250円や3,150円の小紋、紬、名古屋帯などが
9月1日~10日は30%OFF
9月11日~24日は50%OFF
9月25日~30日は更にお得な売切り価格に段々OFFになります。
Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

秋店の作りかたと誕生祭の話が入り混じってしまいましたが、ご容赦ください。 ぜひ、お店に合わせて一部にゆかたや夏物を残したとしても、ガラリと店頭を変えてください。


コメントする

秋・誕生祭・ビックリ帯投入!

9月対策その1
馬場塾でもお馴染みのとみや織物から、おしゃれなおしゃれな八寸帯を22日に石原本部で選品していただきます。

ネコ八寸

例えばこのネコちゃん、通常価格では¥200,000~¥280,000ほどで市場に出ている商品ですがたんす屋は9月の店催事に、この八寸帯を¥30,000(税込¥31,500)で売ろうと思っています。

ネコ八寸2

しかも、お仕立て代(かがり代)サービスで仕立て上げて納品します!

ボタン2

〔品質〕
◆生地:絹100%
◆とみや織物(株) 謹製
◆西陣織産地証明証紙No,308
◆六通柄

■幅:約31.5cm
■色柄:やわらかな風合いの二色の練色と白菫色の生地に、インテリア・アートなボタンと、赤い糸て縫い付けられたハートなどが施されています。女の子らしいアピールが盛り込まれたお品となっております。

〔コメント〕
ざっくりとした素朴な面持ちのある風合が、緻密な織技法でしっかりと織り上げられており、計算し尽くされたお色柄の配置が奏でるのは、素朴さと何とも言えぬ愛らしさの協奏・・・
そして、真綿の優美でふくよかなアクセントが実に深い味わいを魅せており、自信を持ってお薦めできる仕上がりとなっております。

とみや八寸ボタン

どうです? かなり魅力的でしょ? しかも1店舗に7~8点選んでいただけると思います。
他にはこんな柄もあります。
てんとう虫
Exif_JPEG_PICTURE

こうもり
Exif_JPEG_PICTURE

いろはにほへと
Exif_JPEG_PICTURE

日本髪のガイコツ
Exif_JPEG_PICTURE

ふわふわネコ
Exif_JPEG_PICTURE

9月対策その2
お次は袋帯です、西陣証紙№2113 田畔(たぐろ)織物謹製しゃれ袋帯

波麗ごろも
Exif_JPEG_PICTURE

色柄は色々ですが、こんな感じのザックリ織り
Exif_JPEG_PICTURE

どうです、かなりステキでしょ?!

某呉服ナショナルチェーンが、大島紬や結城紬に合わせて¥130,000~¥150,000程で販売していたものだそうです。

たんす屋では幾らだって? 誕生祭ですからねぇ!

とみや織物の八寸と同額の¥30,000(税込¥31,500)ではいかがでしょう?
もちろん、帯芯も仕立代もたんす屋が持ちます! 
いつまでもって訳にはいきませんから、9月だけですよ!

風雅人(ふうがびと)
Exif_JPEG_PICTURE

柄の部分が立体的でアートですねぇ!
Exif_JPEG_PICTURE

飄飄粋粋(ヒョウヒョウイキイキ)
Exif_JPEG_PICTURE

紬糸のザックリ感が奥行きを感じさせます。
Exif_JPEG_PICTURE

洛翠紬(ラクスイツムギ)
Exif_JPEG_PICTURE

古典的なしっかりした柄いきの帯ですね。
Exif_JPEG_PICTURE

紬の詩 季彩
Exif_JPEG_PICTURE

粋好み ひとり二役
Exif_JPEG_PICTURE

本部で一番人気だったおしゃれ感
Exif_JPEG_PICTURE

着どうらく
Exif_JPEG_PICTURE

経糸の色の変化が面白い
Exif_JPEG_PICTURE

絲綢之紬帯
Exif_JPEG_PICTURE

正倉院文様はシルクロードから来たんですね。
Exif_JPEG_PICTURE

華斗麗亜(カトレア) 族ペイントの夜露死苦みたいだね
Exif_JPEG_PICTURE

スッキリステキな柄あいです
Exif_JPEG_PICTURE

以上22日の仕入をお楽しみに!