たんす屋ニュース

Just another WordPress.com site


コメントする

縁起もの半衿 展開開始

小物倍増プロジェクト第1弾として

縁起もの半衿の投入をまずは10店舗から開始します。

1枚のきものから最大でも10枚程度の柄半衿しか作れませんが、さすが表地、染も生地もしっかりしています。しかも、正絹は滑るので裁断機ではカットできません。そのため、1枚1枚を手切りで裁断した、かなり贅沢な半衿です。

価格は740円、消費税を含むと777円とお値段も縁起の良いお値段に抑えました。

最初は10店舗ですが順次各店に投入をしてまいります。


コメントする

池袋東武百貨店5Fで男物デニムきもの売れてます

石津謙介生誕100周年記念「今思い出したいあの頃の情熱」 Old & New アイビースタイル

[石津謙介生誕100周年記念]●右:仕上がりメンズデニムきもの(綿100%/M・L)15,750円 ※限定20点
■5F1番地 特設会場
■若者もデニムなら着物をたしなめる。「きものが珍しい時代だからこそ、着ているだけでカッコイイ」とは石津謙介氏の弁。ご本人も独自の解釈で個性的に着物を着崩していました。
そこでおすすめしたいのがこちら。素材が肩ひじの張らないデニム地で、日常生活に取り入れられやすくアレンジも自在。
…と言っても、若い人には分からないでしょうね。1960年代後半石津謙介は、それまで子供服と大人服しかなかったメンズの世界にVANをブランドを引っさげてヤングマン市場を切開いた教祖です。

当時中学生だった私は、VANの袋が欲しくて白のスポーツソックスに赤と紺の2本線を買いに走ったものです。翌日そのVAN袋を持って学校へ行ったんです。

そう、この時代の雑誌平凡パンチの表紙にはVANに代表されるアイビーファッションが毎号載っていました。

 

そういえば、街を走るホンダのS600やトヨタのS800のリアウィンドウにはVANのステッカーが貼ってありました。

 

もっとも多くの若者のリアルなイメージはこのイラストにあるようでしたが…

ボタンダウンにレジメンタルストライブのネクタイ、レターカーディガン、ジャケットの胸にはエンブレム、白いスポーツソックスにコインローファー、スラックスはパイプドステムという細身のパンツ、短く整えた髪にヴァイタリスかMGで整髪していました。

 


コメントする

きものデビューセットを買って海外旅行へ行こう!!

①1万円以下で普段きものをコーディネイトして写真を撮る。

②ネットから画像とスペックを書き込んで送信する。(12/9締め切り)

③一般社団法人 江戸商店から予選通過の連絡が来る。

④12月15日(木)葛飾シンフォニーヒルズでステージ参加(参加費¥1,500)

⑤グランプリを獲って海外旅行ペアチケットを貰う!

お申し込みは下記URLをクリックしてください。

http://www.edoshouten.or.jp/index.php/ibento/202-1215.html


コメントする

きものデビューセット・プチ   Tokyo135°原宿本店

これから展開する予定の<きものデビューセット・プチ>のコーディネイト画像が昨日に引き続きTokyo135°原宿本店から届きました。

帯揚げにレース(衿かなぁ?)をつかって帯留は作家ものでしょうか?

色半衿に柄の重ね衿がおもろいでぇ~

2点目は銘仙のような織のウールです。

きもの柄の黒を帯で合わせて、赤を衿に合わせています。半衿の赤は秋らしくワインがかった赤です。

黒の帯に金茶の帯〆は一番元気のある色合わせです。

3点目は縞に壷垂れのような線が走っているアバンギャルドな柄のウールです。

ここでもきものの黒に対して衿と草履の鼻緒が金茶系 秋ですねぇ~


コメントする

きものデビューセット・プチ

Tokyo135°天王寺mioから、これから展開する予定の<きものデビューセット・プチ>のコーディネイト画像が届きました。

ビックリ! すんげーステキじゃないですか!!

そのコーディネイトをご紹介します。

1点目はまるで紬にしか見えません。

柄半衿から帯、帯〆、草履に到るまで同系色での色のまとめが、安心感と落ち着きを感じさせます。

そして2点目は染のウールですから、まるで小紋に見えます。

刺繍の半衿がポイント、だから草履も刺繍で合わせてあります。

最後はモード系というかハイファッション系というか、とにかくおしゃれなコーデです。

全体を赤と黒だけでまとめて、半衿も2枚重ね(?私あんまり詳しくないです)でカボッション帯留の2個使いに足の先まで2色だけです。

さあ、次回はTokyo135°原宿のコーデを紹介しますね。

いまのところPOPに使う画像が無いので下のPOPで我慢してもらっていますが、今後は皆さんのコーデを使って作れたらいいなぁと思っています。