たんす屋ニュース

Just another WordPress.com site

海老茶式部(袴ネタ2)

コメントする

下田歌子という明治の女子教育界の巨星がいます。
安政元年岐阜県に生まれ、士族の娘ながら宮中女官となって明治天皇・昭憲皇太后の信任も篤く、1885(明治18)年、学習院女子部の前身である「華族女学校」開設時には幹事兼教授に任ぜられ、翌年校長谷干城入閣後、学監となり校長事務を代行しました。 現在の女袴は、下田歌子が創案したものと言われています。

スカート状の行灯(あんどん)袴であるためトイレの便が良く、背中に腰板もなく優美であるのは宮中袴の流れです。なにしろ着付けも楽で、半巾帯ですから帯枕なしですから、帯枕の紐がみぞおちに当たらないからたくさん食べられるし、おはしょりがグジャグジャでも袴を履くから見えない。サイズが小さくなっておはしょりが取れない着物でも構わない。こうして時代にマッチして実用性に優れた「装束の申し子」女袴が生まれたのです。裾を気にすることなく颯爽と歩くことが出来る袴姿は、新しい時代の女学生の若々しい姿を象徴するものとなったのです。

銘仙の2尺袖きものプラス2尺袖羽織の女学生です。

現在でも学習院中・高に似せた制服が全国の私立学校で見受けられますが

身分制度の色が濃く残っていた明治時代ならばなおさらで、女学生の袴姿はまたたくまに普及しました。華族女学校の袴はカシミア製で色は海老茶。紫がかった暗赤色です。これは下田歌子が、宮中袴では16歳未満の色とされる「濃色(こきいろ)」をもとに発案したことは容易に想像されます。全国の女学校でもこれにならったため、女学生のことを紫式部になぞらえて「海老茶式部」と呼ぶこともありました。なお、海老茶のエビは、本来は「蒲萄」と書いてエビカズラ(ヤマブドウ)の色のことですが、のちに伊勢エビの色になぞらえて、「海老茶」と書かれることが一般化しました。

スタンダードであった海老茶に対して、独自の色彩を主張したのが跡見女学校です。
跡見花蹊は公家屋敷(姉小路邸)内で私塾を開いていましたが1875(明治8)年、跡見学校を開校しました。私塾時代も公家の子女を集めていましたし、当時のことですから生徒のほとんどは華族などの上流階級の子女でした。
跡見学校も女袴をいちはやく導入。その紫色の袴は東京市民の目を引き、海老茶式部に対して「紫衛門」とも呼ばれました。これは平安の歌人である赤染衛門になぞらえたものです。

さて、そんな女学生を主役に大ヒットした漫画が大和和紀の「はいからさんが通る」でした。1977年(昭和52年)度、第1回講談社漫画賞少女部門受賞した事でも有名です。

卒業式を迎える娘のいるお母さんで知らない人は居ないんじゃないでしょうか? さらには南野洋子主演で映画まで作られて、さらにはTV2時間ドラマもCXとTBSで作られていました。

時は大正。「はいからさん」こと花村紅緒(はなむら べにお)…すごい名前だね。そして許嫁青年将校・伊集院忍(いじゅういん しのぶ)…凄い名前!さらには藤枝 蘭丸(ふじえだ らんまる)や北小路 環(きたこうじ たまき)が脇を固める。 ふ〜、このへんで終わろうっと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中