たんす屋ニュース

Just another WordPress.com site


コメントする

時間があったら観に行って!

モダンきもの in ISETAN 10月20日(水)~24日(日)<最終日6時終了>

■新宿店本館6階=催物場

きものに対して敷居の高さを感じている方に、伝統とはひと味違ったきものの世界をご紹介する「モダンきもの in ISETAN」。

デニム地やスーツ地などの素材や幾何学柄といった、従来のイメージにとらわれないきものが多数揃います。

初心者の方を対象にした講座なども開催。きものの新しい世界に触れてみてください。

主なブランドは

<くるり> http://www.kururi.net/
<居内商店> http://www.gofukuyasan.com/
<西村兄妹キモノ店> http://www.kimono-breath.net/
<コエトイロ> http://coetoiro.jp/
<月影屋> http://home.p01.itscom.net/kageya/
<RumiRock> http://www.rumixdesign.com/
<SOU・SOU> http://www.sousou.co.jp/

 


コメントする

今だから福助足袋

お客様に足を止めてもらうためにある商材として…

683円の福助足袋があります。

新仲見世店でPOPをつけて店頭に出したところ、2週間で167足売れました。

お客様の足が止まらないと嘆くより、まずは足袋を店頭の目立つ場所に

このPOPを付けて並べてみてさい。

POPは、本部仕入れの1Fにラミネートしたものを置いてあります。

忘れずにお持ち帰りください。

 


コメントする

オリジナル男物米沢紬

今週投入予定の男物紬は「蔵王紬織」です。
 
①産地は米沢、(有)志摩織物さんに織ってもらっています。
 
②仕立ては胴抜き(八掛だけがついていて、胴裏抜き)です。
 
男きものの裏には通し裏と呼ばれる裏(胴裏 八掛が1枚になっている)
男綿素材の正花「しょうはな」と呼ばれる品をつける事が多いのですが
これは強度は強いんですが、綿素材なのでシワとスレが凄く目立つことです。
そこで、女物と同様八掛と胴裏をつける仕立てもあるんですが、これだとコストが高くなるし
10月に入っても、今年のように暑いときは汗だらけになっちゃうことです。
その点この胴抜き仕立てだと着ることの出来る季節がグッと広がるんです。
特に雪をめったに見ることの無い東京などでは、大判のマフラーやとんびコートなどと合わせれば
寒くて仕方がないということも無く、逆に暖房の効いた室内でも汗になることがありません。
お客様に胴抜き仕立の話をすると「知らなかったって」言われる事ほうが多いので、この辺の利点を
きちんと説明してくださいね。
 
③そして、色は2色 ブルーグレーとシルバーグレーです。

④サイズは M L LL と豊富に揃って身長180センチまでカバーします。

⑤価格は47,250円とメチャメチャリーズナブル

いま男物きものを一番安く買えるネット通販などを見ると、米沢紬反物6万円、裏地仕立て代3万円 合計9万円 お誂えで10万円を切って<激安!>

などと書かれています。 比べてみてください。

⑥展開店舗

浅草公会堂前 8点投入 昨年販売実績65点

新仲見世店  4点             39点

浅草店     4点             37点

梅園前店   3点             26点

わゑびす   3点             26点

Tokyo135  3点             26点

新宿サブナード3点             25点

人形町店  3点             23点

池袋店    3点            15点

北千住    2点            10点

中野店    2点             8点

※色別・サイズ別の詳細は各ブロック長にお問い合わせください。

 

 

 


コメントする

本八幡店のディスプレイ

秋になってお客様が殺到している本八幡店(大島紬催事開催中)から細やかなディスプレイを紹介します。
 
『このパネルは昔本部でA3の紙1枚に1文字印刷してもらったのを切り抜いて作ったのよ』…と富田店長。
 
そして、催事期間中は店内の商品案内POPも全て手書きの目立つものに交換してありました。
 
そして、何よりも細かなショーカードの一言が感じさせてくれます。(650円の足袋だって、こんな風に訴求すればお客様の興味を引けるってもんです)
 
十日町商材もこんなPOPで!
 
もう本八幡店では3割引・5割引の小紋・紬が50点以上売れているのも、こんな訴求をしているからでしょう。
 


コメントする

10月7日荻窪タウンセブン改装オープン

一ヶ月以上改装のためお休みしていた、たんす屋荻窪店が10月7日華々しくオープン致しました。
 
オープン景気に沸くタウンセブンに付いたのは夕方でしたが、歩くのが大変なくらいお客様がB1、1F、2F、3Fとお客様が一杯になっていました。
 
もう少し中に入ってみると…
 
衣桁には紫のふりそで、39900円                            小物棚はこんな感じで
 
店奥はこんなで、落ち着きのある空間になっています。